マスクの選び方|使い捨てor繰り返し使えるマスク?

マスクの選び方|使い捨てor繰り返し使えるマスク?マスク

新しい生活様式で必要不可欠なアイテムになったマスク。現在、使い捨てマスク・布マスク・ウレタンマスクなどさまざまな種類があります。マスクのバリエーションは以前よりも増えてきているので、マスクをどう選んだらいいのか悩むということも増えたかもしれません。そこで今回は、自分に合ったマスクの選び方を紹介していきます。

マスクの選び方|使い捨て or 繰り返し使える?

マスクを選ぶ際に最初の決めることになるのが、使い捨てマスクにするか、繰り返し使えるタイプのマスクにするかです。

使い捨てマスクのメリット

使い捨てマスク=不織布マスクは、吐き出し飛沫量・吸い込み飛沫量ともに、ウレタンマスクや布マスクよりも高い予防効果があります。コロナやインフルエンザウイルスに対する予防効果が高いというのは、使い捨てマスクを使用するメリットのひとつです。
とはいえ、使い捨てマスクのフィルター性能はピンキリなので、性能をしっかり確認することが大切です。

また、不織布マスクを使用することで、飛沫防止に注意しているということを周りにアピールすることができます。「マスク警察」なるモノが出現しているので、サービス業に携わる人は不織布マスクを着用して、飛沫防止のためにやるべきことはやっているということを示すことが必要になっています。

使い捨てマスクを使う別のメリットは、その名の通り“使い捨て”なので衛生的に使うことができるということです。繰り返し使えるマスクと比べて、洗ったりする手間がありません。

使い捨てマスクの選び方

使い捨てマスクを選ぶ際には、フィルターの性能・マスクの形状・着け心地で自分の好みに合うものを選ぶことができます。

フィルターの性能で選ぶ

マスクをするのは、ウイルス感染を予防したり、花粉を吸いこまないようにするためです。なので、フィルターの性能は選ぶ際の重要なポイントになります。

性能が高い使い捨てマスクには、VFE試験(ウイルス飛沫捕集効率)、BFE試験(バクテリア飛沫捕集効率)、PFE試験(微粒子捕集効率)、花粉試験(花粉粒子捕集率)の結果が表示されています。

それぞれの性能が高いものを選ぶようにすることで、安心感を得ることができますし、実際にウイルスや菌・花粉などが侵入してくることを防ぐことが可能です。

安い使い捨てマスクになると、捕集効率を明示していないこともありますので、性能が高いか低いかは簡単に見分けることができます。

マスクの形状で選ぶ

使い捨てマスク(不織布マスク)の形状としては、プリーツ型立体型の2つがあります。プリーツ型は口の動きに対応するので、話していてもマスクがズレることが少ないです。立体型はマスクと口元の間に空間があるので、息苦しさがなく会話もしやすくなっています。また、女性の場合は、立体型にすることで、マスクに口紅やファンデーションが付きにくくなります。

着け心地で選ぶ

使い捨てマスクは、小さめ・ふつう・大きめといった具合に、複数のサイズが用意されているものもあります。自分に合ったサイズを選ぶことで、顔にぴったりとフィットさせることができ、飛沫を隙間から出してしまったり、侵入させてしまったりということを避けることができます。

また、耳ひもの形状も着け心地を大きく左右する要素のひとつです。使い捨てマスクでも、幅広の耳ひもを採用しているメーカーが数多くありますので、そこの形状もマスクを選ぶ際のポイントになるでしょう。

おすすめの使い捨てマスク

ここでは使い捨てマスク(不織布マスク)のおすすめを紹介していきます。フィルター性能が高いマスクのおすすめ、プリーツ型・立体型でおすすめのマスク、着け心地が良いマスクをそれぞれ紹介していくので参考にしてください。

フィルター性能が高いマスクのおすすめ

ウイルス飛沫をブロックするサージカルタイプのマスクが、エリエールのハイパーブロックマスク。99%カットフィルタ―を採用しているので安心感があります。口元に空間ができるようなプリーツ構造になっていたり、やわらかフィット耳かけを採用していたりと、フィルター性能と快適性が両立されているマスクです。

KF95マスクも人気があるフィルター性能が高いマスクのひとつです。KF95は4層構造になっていて、外側は通気性の良い不織布素材、2層3層は遮断性の高いメルトブローンフィルターを採用、内側は肌にやさしい不織布となっています。
3Dの立体構造になっているので、呼吸しやすく、肌にやさしく、化粧がマスクにつかないというメリットもあります。

プリーツ型でおすすめのマスク

不織布マスクの中でも人気が高いのがアイリスオーヤマのプリーツ型マスク。アイリスオーヤマのマスクは、側面にV字カットが入っているなど、顔にフィットしやすいように工夫が施されています。

立体型でおすすめのマスク

ユニ・チャームの超立体マスクは、立体型マスクの代表格。顔にぴったりフィットする超立体構造になっているので、鼻や頬、顎に隙間ができずウイルス飛沫や花粉の侵入をしっかりとブロックすることができます。

着け心地が良いマスクのおすすめ

フィッティ シルキータッチ耳ゴムふわりは、シルクのような肌触りの不織布で耳にやさしい幅広のふわふわゴムを採用しているため着け心地が良いです。マスクサイズも、やや大きめ、ふつう、やや小さめと3サイズあるので、フィット感があります。

繰り返し使えるマスクの選び方

何を重視するかで、どのマスクを選べばよいかは決まってきます。通気性の高さ・繰り返し使える回数の多さ、抗菌機能の高さなどで違いがあるので、自分の重視するポイントをはっきりさせてマスクを選んでいきましょう。

通気性の高さで選ぶ

マスクの着け心地を左右する要素のひとつに通気性の高さがあります。不織布マスクの場合、早歩きしたりすると息苦しくなったりすることが多いですが、ポリウレタンなどで作られている繰り返し使えるマスクの場合はそうなることはありません。

また、繰り返し使えるマスクは、立体構造になっていることがほとんどで、マスクと口元の間に空間があるので、息がしやすくなっています

ただ、通気性の高さはウイルスや菌などの侵入を防ぐ性能と両立しないものでもあるので、それを踏まえた上でマスクを選ぶようにしてみてください。

繰り返し使える回数の多さで選ぶ

洗って繰り返し使えるマスクは、1枚あたりの金額は使い捨てマスクに比べると高いですが、1枚で何回も使うことができるため、費用は使い捨てマスクよりも安く抑えられることもあります。

繰り返し使えるマスクの別のメリットは、ゴミの量を減らすことができるということ。使い捨てマスクの場合は、使ったらその分ゴミになりますが、繰り返し使えるマスクの場合は使っている間はゴミを出すことはありません
マスクによっては、使い捨てマスクの1/30、1/100にゴミになるマスクの量を抑えることができます。

抗菌機能が高いマスクを選ぶ

不織布マスクは性能が高く、ウレタンマスクや布マスクの性能は高くないというイメージを持っている方は多いかもしれませんが、ウレタンや布製の中でも性能が高いマスクはあります

そのひとつが、抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「クレンゼ」のマスクです。繊維状の特定のウイルスの数を減少させ、特定の細菌の増殖を抑制させるという効果があります。

クレンゼマスクは、50回ほど洗濯しても抗菌・抗ウイルス機能が維持される優れモノです。綿100%のモノもあれば、ポリエステル製のモノもあります。

ハイドロ銀チタン加工が施されたマスクも、繰り返し使えるマスクの中では、性能がかなり高いです。

購入時の性能は、ウイルス飛沫捕集効率99%、バクテリア飛沫捕集効率99%、微粒子捕集効率99%、花粉粒子捕集率99%と不織布マスクと同レベル。
50回洗濯したあとも、ウイルス飛沫捕集効率96%、バクテリア飛沫捕集効率97%、微粒子捕集効率98%、花粉粒子捕集率99%と高い水準を維持できます。

呼吸のしやすさと防護性を兼ね備えたマスクを選ぶ

電動ファンを搭載したハイテクなマスクも登場してきています。電動ファンによって常に新鮮な空気がマスク内に送り込まれるので、他のマスクと比べて圧倒的に呼吸がしやすくなります。

電動ファンを搭載したマスクの代表格であるフィリップスのブリーズマスクの場合、N95レベルの高性能フィルターで花粉やPM2.5を95%、細菌を99%、ウイルスを98.87%カットすることが可能です。

フィリップスのブリーズマスク以外にも、呼吸のしやすさと防護性を兼ね備えたマスクが出てくると、ますますマスク業界も盛り上がってくると思います。

おすすめの繰り返し使えるマスク

ここでは、繰り返し使えるマスクのおすすめを紹介していきます。通気性の高いマスク、繰り返し使える回数の多いマスク、抗菌機能の高いマスクを紹介するので参考にしてみてください。

通気性の高いマスクのおすすめ

通気性の高いマスクの定番なのが「ピッタマスク」です。カラーとサイズのバリエーションア豊富なので、気分や服装に合わせて選ぶことができます。花粉を99%カットできるフィルター性能、マスク表面の菌の増殖を抑制する抗菌加工など、通気性だけじゃない性能の高さがあります。
さらに、UVカット率/UPFが82~98%/15~50+と、紫外線対策としても使えるので、女性から特に人気です。

繰り返し使える回数の多いマスクのおすすめ

洗って繰り返し使える回数が多いマスクの定番が「西川の洗えるマスク」です。西川の洗えるマスクの最大の特徴は、100回の洗濯(手洗い)に耐えられる作りになっているということ。洗って繰り返し使えるマスクは数多くありますが、100回の洗濯に耐えられると公言しているマスクはごくわずかです。

「西川の洗えるマスク」と同じく、100回の洗濯耐久性があるのがミツフジの「100回洗えるhaman AGマスク」です。このマスクは、高い洗濯耐久性に加え、銀めっき繊維による抗菌防臭効果もあります。

洗濯耐久性が高いマスクについては、「洗濯耐久性が高い洗えるマスクまとめ!」で詳しく紹介しています。

抗菌機能が高いマスクのおすすめ

マスクの抗菌機能として有名なのが、クラボウが開発した抗菌・抗ウイルス機能繊維加工技術「CLEANSE/クレンゼ」です。この加工技術により、繊維上の特定のウイルスを99%以上減少させることができます。

DR.C医薬のハイドロ銀チタンソフトガーゼマスクも、抗菌機能が高いマスクのひとつです。ハイドロ銀チタンは、タンパク質を分解して水や二酸化炭素、窒素に変えるクリーン技術なので、マスクを衛生的に保つことができます。

呼吸のしやすさと防護性を兼ね備えたマスクのおすすめ

フィリップスのブリーズマスクは、次世代マスクの代表格。N95レベルのフィルターで花粉などの有害物質をブロックしつつ、マスク内に新鮮な空気だけを送り込むことができるようになっています。高い機能性がありつつスタイリッシュなデザインになっているので、ファッションアイテムとしても活躍してくれます。

まとめ

マスクの選び方とおすすめのマスクについて紹介してきました。様々なマスクがありますので、いろんなマスクを試してみて、自分にぴったりとフィットするものを探してみてください。

コメント