Go To Eatキャンペーンのポイントの使い方!EPARK編

epark Go To Eatポイントの使い方Umaのブログ

Go To Eatキャンペーンでためたポイントを、実際にどうやって使うことができるのかは知っておきたいところ。そして、本当にポイントで食事代を支払ったあと(実質の支払いが数百円)でも、一人当たり1000ポイントが付与されるのかも確認しておきたいことです。この記事では、実際にEPARKでGo To Eatポイントをためて使ったUmaが、ポイントに関する疑問に答えていきます。

EPARKでGo To Eatポイントは簡単に使える?

EPARKでGo To Eatキャンペーンのポイントをくら寿司で実際に使ってみましたが、思っていた以上に簡単に使うことができました。Go To Eatポイントをためるよりも非常にスムーズにできたので、EPARKが消費者目線に立ってシステムを作ってくれているなと感じました。
ここからは、Go To EatポイントをEPARKのアプリで使う手順、注意すべきことを紹介していきます。

EPARKでポイントを使う手順

実際にGo To Eatキャンペーンのポイントを使った時のスマートフォンの画面をいれつつ、手順を紹介していきます。

Go To Eatポイントをためる・使うのページへの手順

① EPARKアプリを開いてから、Go To Eatキャンペーンのバーナーをクリックして、キャンペーンのページに移動します。

② 『各サイトキャンペーン詳細』のEPARK専用のGo To Eatポイントをためる・使うの欄の一番上のバーナーをタップします。
そうすると、キャンペーン利用方法のページに移動し、ポイントをみる・つかうのほうを選択します。

③ STEP3のスマートフォンでポイントを入力してQRコードを表示の下にある「ポイントを使う>」のバーナーをタップすると、下の画面になります。

epark Go To Eatポイントの使い方

現在の保有ポイントがあることを確認して、ポイントを使うをタップします。

利用したいポイントを入力

EPARKで予約したお店への来店の確認が取れると、そのお店で使えるQRコードを作成することができます。

epark Go To Eatポイントの使い方

2人で来店した場合、2000ポイントを受け取るためには、2000円以上食事をすることになるので、利用したいポイントの枠に2000と入力します。
そうすると、QRコードが生成されるので、このQRコードを会計時に提示するだけで2000円分の割引を受けることができます。

ポイントを使う際の注意点

epark Go To Eatポイントの使い方

画像の上部にポイントの有効期限が記載されています。有効期限は10分だけとなっています。なので、来店してすぐに利用するポイントのQRコードを作成すると、有効期限切れとなってしまいますのでご注意を。会計前にQRコードを作成するようにしましょう。
ただ、有効期限が切れてもポイントはEPARKアプリに戻ると思われますので、来店してすぐに作成しても焦らなくて大丈夫です。

ポイント利用をレシートで確認

「Go To Eat ポイント利用」2000円が割り引かれたので、今回の実質の支払い額は200円ということになりました。

epark Go To Eatポイントの使い方

実質200円の支払いでもGo To Eatポイントは付与される

個人的に少し不安だったのが、実質の支払い額が200円とかでもきちんとGo To Eatポイントが付与されるのかという点でした。
結論から言うと、無事に2000ポイントが付与されていました。EPARKアプリにレシートをアップロードしたら1、2時間ほどでポイントが付いていました。

EPARKアプリでのポイントのため方についてはこちらの記事を参考にしてください。

2000円以上の食事をしたら、Go To Eatポイントを使用しても、2000ポイントを付与されるということが確信できたので、無限くら寿司をこれから安心してできると思いました。

ただ大きな問題がひとつ。それが予約がとりづらくなっているということ。私が住んでいるエリアのくら寿司では、1週間後の予約でも夕方5時~7時台はすでに満席となっていました。

Go To Eatキャンペーンの利用者が多くなることで、ポイントはあるけど都合の良い時間で予約が取れにくいということはこれからも増えてくるかと思います。

EPARKと他の予約サイトの比較

Go To EatキャンペーンでEPARKだけでなく、ヤフーロコも使ってみた上での使い勝手の良さについて個人的に感じたことを最後に紹介します。
EPARKの良さは、とにかくポイントの付与が早いということに尽きると思います。レシートの写真をアップロードするという手間はありますが、スムーズにいけば1、2時間後にはポイントが付与されています。
それに対して、ヤフーロコではポイント付与まで1週間かかります。これだとGo To Eatキャンペーンのポイントを利用して食事をするためには1週間は必ず開けなければならないということになってしまいます。
毎日Go To Eatポイントを使って食事をするということはないとしても、1週間に数回Go To Eatポイントを利用したいなと考えている人には使い勝手が悪いなと感じました。

まとめ

今回はGo To Eatキャンペーンの使い方を紹介しました。無限くら寿司をこれから試してみたいという人は、EPARKでポイントをためて、使って美味しい食事を楽しんでください。

コメント